パウダー状にする

金額や価格の傾向について

葬儀

現在では散骨や樹木葬など、様々な供養の仕方があります。それらを取り扱う業者も増加し、多彩なプランが選べるようになっています。 散骨に関しては海や山などが多く、業者に依頼する場合には、遺灰を粉骨する費用や希望の場所で供養をする費用などが含まれます。業者によって費用はそれぞれ異なりますが、数万円程度で行われるのが相場となっているため、お墓を購入したりするのに比べ、費用が安く抑えられるのも人気の一つとなっています。 また、散骨の場合は業者に依頼しなくても、個人で行えば特別な費用は掛からず、思い思いの供養ができると言うメリットもあります。そのため、最近では粉骨だけを専門に行ってくれる業者も多くあり、依頼者も増加傾向にあります。

これまでの歴史や変遷

日本では、遺骨は火葬後にお墓に納骨するのが古くからの風習となっていますし、法律でも埋葬は墓地以外では行ってはならないと定められています。そのため、かつては散骨も法律違反として認められていませんでしたが、1990年以降になってから、散骨に関しては節度を持って行う限りにおいては問題はないという国の見解が示されています。 しかし、火葬後にそのまま散骨をすることは今でも法律に違反することになるので、散骨をする際には粉骨してパウダー状にする必要がありますし、他人の私有地や海などの場合は漁業権のある場所などは禁止されています。 最近では、少子高齢化によりお墓を守る後継者がいないことなども散骨を希望する人が増加している要因とも考えられます。